フィッシング

【ニシネルアーワークス チッパワRB】に一目惚れした理由

更新日:

こんにちは。香川県の自動車専門(名義変更、車庫証明申請取得代行)行政書士和田です。

先日、仮予約をしたNishine Lure Works(以下NLW)さんのChippawa(チッパワ)RB
今回はどこに一目惚れしたかを書いてみました。

そもそも、NLWさんの存在を知ったのはサンバイツさんのブログからでした。
その時のブログ記事の中にNLWとの取引が始まって、”DEKA BEATOUR MG5”を入荷した記事がありまして、すご~く気になってたわけですね。

水中動画もあったりして、めちゃ欲しかったんですが、チョットタカスギタ…
( º言º; )

そんなわけで、今回NLWさんのChippawa(チッパワ)RBを見つけた時に超絶興奮したわけです。

それでは、どこに一目惚れしたか、いってみよー

スポンサードリンク


ボディ形状

チッパワRBのボディ形状は”ファットフラットサイド”という形状なんだそうです。

僕はクランクベイトの中で、フラットサイド型のクランクが大好きなんですよね。すごくよく釣れる記憶しかない。

実際に今年は、No nameクランクのフラットサイドで釣ったのがクランクの中では多かったと思います。(サイズ問わずw)

んで、チッパワRBの写真を見た時にビビビッと来たわけですよね。
”フラットサイドやん”って、”絶対、釣れるヤツやん”って。

ウェイト15g

ウェイトは15gと重め。

ええ、昨今、ルアーウェイトが15gなんて軽い方ですよね。
1onzとか当たり前の時代ですもんね…

でもね、僕のしょぼいタックルでは1/2onzがちょうどいいの!
よく飛ぶの!

なんでね、ルアーウェイトが15gあるっていうのは僕としては非常にありがたいんです。

価格が安い

ええ、当然そこですよ。
価格が安い…

1,700円くらい。

ルアーが1,700円って釣りしない人が聞いたらおったまげる値段ですよね。

でも、釣りしてる人からすると好みのルアーが1,700円ってスッゲー安く感じるんですよね。

ましてや、最近は3,000円超えなんて結構ありますよね。
ビッグベイトが多くなってますもんね。

バルサ製のクランクだって、2,000円前後しますもんね。

そういうのを考えると、 1,700円っていうのは非常にリーズナブルなわけですよ。

デモ、オクサンニハナイショデス

潜行深度が1.5m〜1.6m

琵琶湖とかリザーバーとかをメインで釣りをてる人やボートでの釣りがメインな人には潜行深度が1.5m〜1.6mって”浅い”って感じると思います。

でも、野池のオカッパリオンリーの僕には潜行深度が2mあれば十分な感じですね。

だもんで、潜行深度が1.5m〜1.6mなのがほんとにちょうどいいんです。
野池でクランクが有効な季節って、潜行深度が2mまでがよく釣れているように感じますしね。

スポンサードリンク


楽しみなのはこれから

NLWさんのブログ記事ではこのチッパワRBは今後”システムクランク”としてモデル展開をしていくようです。

共通ボディーでその場の状況や魚のコンディションなどに合わせて、より細やかなアジャストが可能になる方向性を考えています。

例えばですが、同じボディーでハイスピードクランキングできるモデルと、スナッグレス性能を強化したカバー特化モデルの2種類があったら便利だと思いませんか?
このチッパワシリーズに今後どんなモデルが加わり、どのようなシステム図が描かれて行くかは楽しみにしていて頂ければと思いますが、そんな方向性で考えています。NLW 裏日記より抜粋

ええ、たくさん買わされるんでしょうね♡

まとめ

ええ、まぁね、バスが釣れる前にね、自分が釣られちゃいましたよ…
追伸:とうとう2月22日、チッパワRBが着弾しました!(`・ω・´)ゞ
短時間ですが実戦レヴューを書いてみましたのでよろしかったら読んで下さい。

関連記事>>>【ニシネルアーワークス チッパワRB着弾】短時間実戦レヴュー

-フィッシング
-

Copyright© 香川の車庫証明、クルマの手続き専門/Green行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.